日本はこんな人たちばかりではない。偏向報道を正してこそ  追記あり 4/21

take0606

2018/04/21更新
324.jpg
引用:Pixabay



本当はこんな人たちばかりではない

日本の価値観を破壊か


お題
不倫疑惑の宮迫博之 夫人激怒…自宅を追い出され、仕事場でも言葉少な

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)が9日発売の「週刊文春」に不倫疑惑を報じられた。スポニチ本紙の取材に宮迫の所属事務所は「本人が否定しているとおり」とした。

 関係者によると、宮迫は今月4日に同誌の直撃取材を受けたあと、不倫疑惑が報じられることを夫人に報告したところ激怒され、一時都内の自宅を追い出された。数日、外泊したあと、最近になってようやく自宅に戻る許可を得たという。

 関係者は「騒ぎを引き起こしたことを本当に反省している様子で、仕事場でも収録以外では言葉数も少ない」と落ち込みぶりを語った。宮迫は11日に生出演するフジテレビ「バイキング」(前11・55)で騒動に言及する意向だ。
[ 2017年8月9日 13:02 ]


 当に懲りないと思うし、バカな話だとも思う。もちろん、これは、宮迫の事ではない。マスコミに対しての率直な気持ちだ。特に、ここ数か月ムキになって、不倫ばかり取り上げているけれども、何だろうかとおもう。

 このブログでも不倫については何度か取り上げたが、僕自身、全く興味もない。が、テレビ局は繰り返し放送するという事は、ある程度需要があり、数字もいいのだろう。数字が良ければ、利益も出るというところか。

 ただ、クダらない。テレビと視聴者は鏡で一対と言う事なのだろう。お互いがツマラナイ存在になっているのだろう。

 少しバカバカしくなってきたので、テレビ局視点で考えてみた。

 夕方の時間帯にテレビの前に居るであろう人々向けの番組内容にするのは当たり前で、恐らく、B層主婦向けに好みそうなコンテンツを垂れ流している。そして、そのコンテンツを有難く頂くのが、その層の人々。

 だからこそ、成立しているのだろうなと思う反面、なんだかなとも思う。

 上述の事に疑問すらなく、無批判にそれらのコンテンツを楽しんでいるのであれば、つまらない。不倫されても、自業自得かもしれない。お互い様。

テレビじゃなきゃいけない理由って何?


 レビ放送に限らず、紙媒体、webメディア等々、まあ何でもいいのですが、あくまでも、表現物をどのメディアに適しているかで選択した結果がテレビなり、紙媒体、ネットになっているだけで、そこに差異はない。

 表現物を届ける手段としてのメディアなのだとしたら、どれも貴賤はない。ただ、もし、webメディアに対する偏見と言うものがあるのだとして、“新聞・テレビが正しい”と安直に考えるのなら、やはり、それはただのB層。

 ただの手段として、新旧メディアを選択しているだけで、是非でも真偽でも、それこそ貴賤でもない。正しい正しくないでもない。

 そもそも、文字と言うものは、人と人が情報を共有するためのツールに過ぎず、文字と言う情報ととらえると、紙媒体とwebメディアに差異はない。また、共有といった観点なら、SNSは圧倒的なツールだ。


 若年層ほど敏感に感じ取っている様子で、情報を共有することが文字の存在理由なのだとしたなら、旧メディアより新メディアのほうが圧倒的に理に適っている。

自浄作用の働かないマスメディアが言うモラル

日本の国家の危機


-BSフジLIVE プライムニュース  櫻井よしこさんが偏向報道ばかりのマスコミを痛烈批判「日本の国家の危機」-

 ・・・マスメディアの人々に届いているのだろうか。

 偏向報道と言う言葉が出たので、改めて、何故偏向報道なのかを考えてみます。

何故、偏向報道なのか

権力に媚びず、立ち向かう事が正義

 スコミは、「権力にへりくだってはならないし、常に逆らい続けるべき」と考え「権力を目の敵とする」傾向にある。
 
 そして、それが拡大解釈され「権力に挑む事こそ正義」との理解になっている模様。(ロック魂ですねw)その結果「権力を貶める」事が目的になっていたりする。

 当然、「権力」=「悪」なわけではありません。しかし、「権力に挑む者」=「正義」だと勘違いしているマスコミが存在し、そして、それを良しとする層が絶対数存在するのも問題でもあります。

対象によりダブスタ報道

 ちらかといえば、こちらの方が問題と言えます。

 ただ、これは私見になりますが、「権力に挑む事こそ正義」と言う考え方自体は僕は好きです。

 素養も無く、事柄もよく理解もせず、体制側についての「長いものに巻かれろ」感覚が嫌いで、「寄らば大樹の陰」感覚が兎に角嫌い。

 これらの発想は“B層ネトウヨ”そのものであり、B層ネトウヨ自体が権力側の価値観を無批判、無根拠に支持し、強者のつもりで弱者を批判するさまが嫌い。B層テレサヨも嫌いですが、B層ネトウヨも同様に嫌い。

 話を戻します(´・ω・`)

 「権力に挑む事こそ正義」は良いのです。ただ、それは、対象によってそのスタンスを変えないことに限りです。

関連記事:


利益至上主義

 業だから当たり前?駄目ですよ、そんなの。勿論、マスコミも利益が出なければ、企業活動を継続することがでない。

 ただ、その為に「真実を報じる」ことよりも「売れるネタを報じる」ことを優先するのは違う。

 逆に聞きたいのですが、「売るためには何をやっても良い」なんて商売があるのか?とも思いますし、いや、あるかもしれませんが、そんな商売長くは続かない。お互いの信用、信頼があってこその商売ではないのか、とも思う。

 マスコミは“社会の公器”であり、働く人間も公人と言っていい。

 そんな人たちが、出鱈目な事を巻き散らかして良いはずがない。

 サービスの対価が利益だったとして、マスコミのサービスとは情報。ただ、その情報が出鱈目のフェイクで、ダブスタで表現することにより人々を苦しめるサービスなのだから話にならない。

 前後しますが、特に「対象によりダブスタ報道」「利益至上主義」の2つが問題で、同時にこの2つの事柄が絡むとややこしさが倍増させているようです。


 最近、保守層から何かと批判されがちな進次郎さんですが、新聞を読むのをやめたそうです。

 お父さん譲りのメディア受けの良さと、発信力の高さ、また見栄えを背景とした女性受けもいいので、この手の発信を有権者にドンドンしてほしいですね。


関連記事:


いまこそ、B層感覚を見つめなおす時

B層とは。超絶簡単解説




B層(ビーそう)とは、郵政民営化の広報企画にあたって小泉政権の主な支持基盤として想定された、「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されている。

由来
2005年、小泉内閣の進める郵政民営化政策に関する宣伝企画の立案を内閣府から受注した広告会社・有限会社スリードが、小泉政権の主な支持基盤として想定した概念である。

スリードの企画書では国民を「構造改革に肯定的か否か」を横軸、「IQ軸(EQ、ITQを含む独自の概念とされる)」を縦軸として分類し、「IQ」が比較的低くかつ構造改革に中立ないし肯定的な層を「B層」とした。B層には、「主婦と子供を中心した層、シルバー層」を含み、「具体的なことはわからないが、小泉総理のキャラクターを支持する層、内閣閣僚を何となく支持する層」を指すとされる。

上記の企画書がネット等を通じて公に流布されたため、資料中に使用された「IQ」という知能指数を示す語や露骨なマーケティング戦略が物議を醸すところとなり、国会でも取り上げられた。

例、「ネトウヨ」=「パヨク」=「B層」など

B層 01

B層 職業:主婦層、若年層、シルバー層。
IQが比較的低く、構造改革に中立的および肯定的。主婦層、若年層、高齢者層、具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する層など。


A層 職業:外資系、医師・会計士など専門職。
民営化(小さな政府)方向への必要性は感じているが、これまでの実例から鑑みて批判的な立場を取っている。エコノミスト、大学教授、マスメディア(テレビ)、勝ち組企業、ホワイトカラーなど。IQが比較的高いとされる。

C層 職業:教師、公務員、上場企業正社員。
構造改革抵抗守旧派。IQ(EQ・ITQ)が比較的高く、構造改革に否定的。これ以上の分析は無いとされる。

D層 職業:経営者、商工会・建設業など自営業者。
構造改革に否定的で、IQが比較的低い層。既に失業などによる痛みを受けているため構造改革に恐怖を感じている層で構成されている。


IQの語を引き合いに出して国民を分析しているため、“支持層や失業者など主権者である有権者を頭が悪いと馬鹿にしている”、”IQの持つ本来の意味を「頭の良さ」と結びつける前時代的誤解に囚われた表記だ”と批判もされている。


テレビなんて捨てちまえ



ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒 (講談社+α新書) 新書 – 2015/11/20 適菜 収 (著)

-寸評-
<三島由紀夫はエクセントリックな右翼や軍国主義者と思われている。しかし、彼は紛れもない、無垢な保守主義者であった。気でも狂って自決したと思われているが、そうではない、彼は日本を憂い武士として死んだ。彼は、現在の日本の姿を見抜いていた。今の保守論壇がそうである。そして、その保守論壇を支持するのがB層ネトウヨである。彼らは、日本の歴史、伝統文化なぞ興味もない。ただ、特亜批判ありきだ。後は何もない。これから、日本は日本でなくなる。彼ら偽装保守が伝統と文化を破壊し続ける限り。>

 つまり、B層やべーよって事。電通はおろかテレビマンにも、完全になめられている。無根拠にテレビなぞ有難がる必要も無い。テレビなぞ捨てちまえという事ですぞ。(`・ω・´)

関連記事: 
テレビは「面白ければ良い」の自由に不自由にされていないか?        

サイトマップ -偏向報道記事まとめ-          

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply