B層について。自民党、B層戦略とは ∼特徴や生活∼

author photo

Bytake0606

2018/01/19更新
131.jpg



B層の特徴 ~自民党、B層戦略~

郵政民営化広報のため


「B層」とは、小泉政権(2001^2006)における郵政民営化広報のために作成した企画資料の中で、2005年に竹中平蔵民営化担当大臣が、ある広告会社に作らせた概念です。この会社を巡って、のちに競争入札無しによる随意契約、未実績ながらの高額契約や社長との個人的人脈などの疑惑を巡って、国会で取り上げられて物議を醸しました。

つまり、構造改革、小泉政権を支持するか否かで、国民を4つの層に分けたのです。それがA層、B層、C層、D層なのです。

B層とは.....「IQが低いため具体的なことはよく分からないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」のことを指しています。

広義には政策よりもイメージで投票を行う層を指し、ポピュリズム政治に騙されやすい層を意味する。そのため、インターネット上では政治に疎く感情で動く層を揶揄する目的で使われてはいる。

例、「ネトウヨ」=「テレサヨ」=「B層」など



B層 01
これは本来の意味とはかけ離れた使い方で、本来は下記のように構造改革に対する向き合い方を指している。


A層・B層・C層・D層


B層
職業:主婦層、若年層、シルバー層。
IQが比較的低く、構造改革に中立的および肯定的。主婦層、若年層、高齢者層、具体的なことは分からないが小泉総理のキャラクター・内閣閣僚を支持する層など。


A層
職業:外資系、医師・会計士など専門職。
民営化(小さな政府)方向への必要性は感じているが、これまでの実例から鑑みて批判的な立場を取っている。エコノミスト、大学教授、マスメディア(テレビ)、勝ち組企業、ホワイトカラーなど。IQが比較的高いとされる。

D層
職業:経営者、商工会・建設業など自営業者。
構造改革に否定的で、IQが比較的低い層。既に失業などによる痛みを受けているため構造改革に恐怖を感じている層で構成されている。

C層
職業:教師、公務員、上場企業正社員。
構造改革抵抗守旧派。IQ(EQ・ITQ)が比較的高く、構造改革に否定的。これ以上の分析は無いとされる。


IQの語を引き合いに出して国民を分析しているため、“支持層や失業者など主権者である有権者を頭が悪いと馬鹿にしている”、”IQの持つ本来の意味を「頭の良さ」と結びつける前時代的誤解に囚われた表記だ”と批判もされている。


B層とは具体的にどの様な人々か?

B層の特徴


B層の特徴とは、誤解を恐れず単刀直入に言うなら、「バカである」となります。

頭が悪いので具体的なことがわからない。当然、マスコミの情報にのせられる。流行ものにものせられるし、芸能ゴシップネタもを好む。これが、この層の特徴と言えます。

政治は、難しいものと捉えています。そのため、選挙でも、政策や政党よりも、自分の知っている政治家に投票する傾向にあるようです。つまり、テレビでの知名度を上げる事に成功すればB層の支持を得られ、容易に当選できるのです。

ポピュリズム政治が成り立つのもこの為です。

近年、タレントから政治家に転身し、当選しているのもB層の人々の支持を得ているといえます。本来、タレントとしての知名度や魅力と政治家としての実力とは無関係なはずなのですが、B層はその事もわからず、名前とキャラクターを知っているから、という理由だけで、投票するのです。

ポピュリズム政治とは問題なのですが、現に日本の大多数がB層であるため、解決も難しいと言えます。


関連記事 外部blogリンク


日本にとっての保守思想とは、日本の歴史と伝統文化を保守する事と理解している。

それは、引用にある

「さしあたり、物事に熱狂するのを避けること、それが大人たることの第一条件だといえよう」

この部分に当たるのだが、戦後日本とは、古き良き日本的なものを価値がないとし、欧米的価値観をすべて正しいとしてしまった。 それは、ハロウィンでも示してしまったが、無批判かつ無根拠に熱狂的に欧米的なものが絶対とばかりに散々有難がってしまった。

ネットの普及により人との距離が格段に遠くなった気がする - たけさんのzakki
http://take0606.hateblo.jp/entry/2017/11/13/021159


B層の生活


SNSにはまり、流行りのお店や写真映えばかり気にし、とりあえず参加しとけのノリ重視であったりします。「ウェーイ!」のノリで渋谷の交差点などでスクランブルしちゃったりもします。

メディアリテラシーを謳いながら、インターネットの情報がすべて正しいと思っている。ネトウヨにも多いとも言われています。

偏差値が低い人々に多いと言われています。彼らは、ビジネス書や経済書を読まず雑誌を好みますし、とにかく芸能人が好きなのでテレビを長時間見ます。情報源が偏るので流行に流されやすいです。最近だとハロウィンもそうでしょう。

そもそも、政治に興味ない人々もそうです。

本を読まずにテレビばかり見てるというのが一番の特徴で、芸能人しか頭にない人はB層でしょう。キャラクター重視なのです。

関連記事:

結局、ミーハーB層感覚こそ悪なのだし、そのミーハーB層感覚こそが日本の価値観を破壊する事につながっている。

放送局を中心とした旧媒体が、B層に訴えかけるモノとしてのハロウィンなのだし、ハロウィンをバカ騒ぎさせる事により、日本的価値観を破壊する事にも成功している。

旧媒体が作り出したブームは全て日本的なものを破壊する為のものなのだし、本来、新しいモノに対して疑いを向けるのが大人の役目であったが、戦後において団塊世代辺りから、新しいものが価値がある、古いものは価値がない等という価値観が蔓延し、精神性を無視し、物質性を重視するようになってしまう。

ハロウィンとはどうなんだろうか - たけさんのzakki
http://take0606.hateblo.jp/entry/2017/11/03/215730


関連記事: 保守思想を考えてみる...



-保守思想で重視する事-

歴史の中で個人が果たすべき役割と責任を重視し、先人により伝えられたものは、連綿と続く歴史を通して培われ、その長い歴史の検証に耐え、生き残ってきたものである。その普遍性に対し現代に生きる我々個人の知恵などは、それに遠く及ばない。先人より伝えられ検証にも耐え抜き残る、今あるものに極めて価値があるはずだと考えるのである。

したがって、先人より伝えられたものを後の人々に伝えることが個人の果たすべき役目で、最も重要な責任であると考えている。ただ、先人から後の人々に伝えるにあたっては、自らが改善することを否定するものではない。

伝えられたものに価値があるのは、数多くの先人が改善を積み重ねて、検証、精査してきたからで、改善の否定とは、伝えられたもの自体の価値の否定につながる。

ただ、伝えられたものは極めて価値があるものなので、改善と言っても根本的に変えるようなものもある筈も無く、現代に生きる我々個人の知恵など及ぶはずも無く施す改善とはごく小さい。それは、そのまま先人を畏敬する事にもつながる。

すなわち、保守思想を信条とする者にとって、後の人から見て、連綿と続く長い歴史の中で培われた価値を、受け継いできた数多くの先人の一人として叙されることを最上の名誉と誇りであるととらえ、喜びとするのである。

保守思想を考えてみる...-日本である事の価値
http://take0606.jp/blog-entry-105.html




ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒 (講談社+α新書) 新書 – 2015/11/20 適菜 収 (著)

寸評

三島由紀夫はエクセントリックな右翼や軍国主義者と思われている。しかし、彼は紛れもない、無垢な保守主義者であった。気でも狂って自決したと思われているが、そうではない、彼は日本を憂い武士として死んだ。彼は、現在の日本の姿を見抜いていた。今の保守論壇がそうである。そして、その保守論壇を支持するのがB層ネトウヨである。彼らは、日本の歴史、伝統文化なぞ興味もない。ただ、特亜批判ありきだ。後は何もない。これから、日本は日本でなくなる。彼ら偽装保守が伝統と文化を破壊し続ける限り。


関連記事:
関連記事

Comments 0

Leave a reply