“ネトウヨ”と“テレサヨ”は同根。ファンとマスメディアが意地悪なだけ。  ―上西小百合議員と浦和サポ炎上ついて 備忘録

take0606

2018/05/18更新
urawa.jpg

嫌なら見るな!が基本線      
 本のマスメディアの存在理由があるのだとすると、恐らくそれは、日本人の為ではなく、誰かの意図を汲み取ってのもので、やはり、マスメディアも民間企業。

 利益至上なのも仕方がないことなのかもしれない。

 かれらも、社会のルールに則り、そのルールの中で報道をしている。

 もちろん、そのルールは強者がつくりあげたものでもあるから、庶民には不都合かもしれない。ただ、それでも、ルール内で行動していかなければ、それこそ、学生運動世代のサヨクと同類となるし、それは、ただの暴力でしかない。

 団塊サヨクとスポーツウヨクは同根で同類と言えるかもしれない。

 社会への不満のはけ口として、“ウヨサヨ”が利用されているだけで、保守思想も共産主義も大して興味もないし、理解もない。ネトウヨに至っては、特亜批判したいだけのいじめっ子感覚に過ぎない。

イメージや情報の共有のためのコミュニケーション     
 メージの共有を重視する競技がサッカーと言える。

 イメージや情報の共有とは、文字と言った文言でしかできない。サッカーでコミュニケーションが重要なのはこの為で、SNSにも通づるかもしれない。

 ただ、コミュニケーションは嫌なやつとはしたくないし、意地悪なやつともしたくない。
 
 また、サッカーは国際試合が中心の競技と言える。それは、あらゆる国と対戦しなければならない事でもある。

 もちろん、だからと言って、相手チームに媚びへつらえば良い、と言いたいのではなく、相手国に敬意を払い、自国と違う伝統文化や歴史、宗教観や様々なものを理解していこうとする姿勢があってこそ。

 また、そうでなければならないし、そういう競技と言えるかもしれない。

 様々な事情を抱えた国同士が戦う競技、それがサッカーと言えるのだが、普遍性を持ったルールの中でプレーをする限り、国々の抱えている様々な事情は排除される。

 それは、フェアな世界だ。

 たとえ、それすらフェイクだったとしても、選手同士がリスペクトしてる限り、それはフェアで、ファンとマスメディアがフェアではないとなる。

関連記事:



球団はサポーターに「自重」呼びかけ"上西小百合議員、今度はレッズに「くたばれ」 球団はサポーターに「自重」呼びかけ      
ツイッターの「炎上」から1週間が経過しても、上西小百合衆院議員(34)の「口撃」が止まらない。
 
上西氏は2017年7月22日、サッカーJ1・浦和レッズのサポーターが自身の事務所に押しかけてきたとツイッターで明かし、クラブ側の対応を批判して「くたばれレッズ!」と投稿した。ツイッターで批判の声が寄せられると、

「撤回、謝罪、反省は一切しません」
 
と宣言した。一方の球団側はウェブサイトでサポーター向けの声明を発表し、上西氏の書き込みについては「心情は十分にお察ししますが」と前置きしながら、反応することは「自重」するように求めている。
引用 - JCASTNEWS
https://www.j-cast.com/2017/07/23303935.html?p=all


take0606書き込み
お題
球団はサポーターに「自重」呼びかけ"上西小百合議員、今度はレッズに「くたばれ」 球団はサポーターに「自重」呼びかけ

***** |**前

辛口コメンテーターになっても愛のない辛口で聞くに耐えないだろうと思います


take0606|**前

いやーコメンテーターは無理でしょうね。そもそも、辛口であれ何であれ、時代の空気を読める風見鶏でなければ、批判にさらされる。つまり、一見辛口風味であるが、自説を説く訳でも無く、限りなく多数派であろう考えを説かなければ、袋叩き。

当然、炎上議員さんは今回も空気を読み違えたので、コメンテーターには不向き。例えば炎上ツイッタータレントが良いと思う。

あと、この議員さんは下手だったけど、スポーツを利用しようとしたのは正解で、幾ら「スポーツと政治をでんでん」とサッカー好きが吹聴しても、結局、ファン自体がサッカーを叩き台にして政党批判まで繰り広げるから、それもブーメラン。

議員さんも、日本におけるスポーツとメディアの関係性を知ってか知らずか、スポーツを利用しての政治的アピールを確信犯的に行ったのだとすると、やはり、それは正解。サッカー好きは流石に理想論を言うてるよ




***** |**前

>そもそも、辛口であれ何であれ、時代の空気を読める風見鶏でなければ、批判にさらされる。
>つまり、一見辛口風味であるが、持説を説く訳でも無く、限りなく多数派であろう説を説かなければ、袋叩き。

じゃあ、張本みたいな居座り方をするかもしれない、ってことだね。
警戒しておいた方がいいね。


take0606|**前

>>そもそも、辛口であれ何であれ、時代の空気を読め....
>>つまり、一見辛口風味であるが、持説を説く訳でも...

>じゃあ、張本みたいな居座り方をするかもしれない、ってことだね。
>警戒しておいた方がいいね。

うん。逆にそのパターンも大いにあると思うよ。

張本さんは本位かどうかは知らんけど、この議員さんも、“リベラルメディア”のスピーカー代わりはあるでしょうね。そして、また今回もあらわになってしまったけれども、スポーツと混同した方が扇動しやすいらしい。

そして、当然ハナから“リベラルメディア”も「スポーツと政治を切り離す」論などと言ったことも全うする気もさらさら無いので、カサにかかって煽り続けるし、サポーターがやらかすのを今か今かと待ち構えてるかもしれんね。

散々、煽ってからボロが出るの待ちは常套スタイルだし、“国を愛していると言っている、自称保守の連中はこんなんですよ”と世界に発信したいのでしょ。



(ほぼ原文ママ)



関連記事:
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply