“土俵に女性問題”について大いに語る  ~女人禁制に波紋も 宝塚市の女性市長「土俵の上であいさつできず悔しい」 追記4/14

author photo

Bytake0606

2018/04/14更新
sumoo.jpg
引用 - 北陸・信越観光ナビ

■お題





take0606書き込み

****|**前

この前の人命救助の事案と
この件は別物
歴史文化宗教的に上がれないのが普通
差別とは次元の違う話です。


take0606|**前

女性を穢れとする神道的なものはさておき、たとえば相撲が、「道」としてのもの。つまり神事としての神道なり、武士道だったとして、あまりに相撲協会が出鱈目、二枚舌、隠蔽の数々と嘘、誤魔化しが多すぎて、たとえ歴史、伝統文化的に正しいことを言わんとしていても、反発しか起きない段階に入ったのかも知れませんね。




****|**前

宗教も何も、女人禁制になったの明治以降ですよ…
それ以前は女相撲ありましたし

take0606|**前

ですね。武士道が学問として確立するのも、新渡戸稲造によってで、明治以降の話ですね。

マゲを残す残さないと言った話も明治天皇の一存により残すことになったと聞きますし、相撲協会も権威付けしたいのでしょうね。

ただ、伝統文化が、人々の日々の営みと言った習慣から生まれるのだとして、相撲協会の判断とは人々を蔑ろにしているだけにしか映らず、伝統文化とするには、残念な感じもしますね。




****|**前

大相撲の土俵の中に何が埋められているか知っているのかな。
学校やそこらにある土俵とは意味合いが違う。

take0606|**前

>大相撲の土俵の中に何が埋められているか知っているのかな。
>学校やそこらにある土俵とは意味合いが違う。

なにが埋められているのですか?気になりますね


“土俵の鬼”といわれた名横綱・初代若乃花は「土俵の下には銭が埋まっている」という名言を残したことで知られているが、土俵の下に実際に埋まっているものがあるのを、ご存じだろうか。「本場所初日の前日に行われる土俵祭では、土俵の中央に15センチ四方の穴を掘り“鎮め物”を埋めることになっています。中身は勝ち栗、洗米、昆布、塩、カヤの実などの縁起もので、これをかわらけに納め、奉書紙で包んで穴に入れ、お神酒を注いでから土俵に埋める。五穀豊穣、国家平安、土俵の無事を祈る儀式で、場所中はずっと埋まったままです」(相撲ジャーナリスト)




****|**前

政治利用するのなら、大相撲の誘致を止めてほしい。

この市長、自分への支持拡大がしたいだけ。

take0606|**前

>政治利用するのなら、大相撲の誘致を止めてほしい。
>この市長、自分への支持拡大がしたいだけ。

そうなのでしょうね。ただ、この市長に限らずとも思いますね。

神事と言った宗教的な部分からも、「品格」の元と言っても、おおよそ間違いではない、武士道の「道」の部分からも、相撲協会が乖離しているように映ります。

相撲を「道」とするなら、損得勘定と言った、興行ではダメなのだし、スポーツとしての結果が全てもダメ。

品位、品格とは日本の心に準ずると理解していますから、相撲協会がダメとなります。

ではなく、マスメディアや市長がダメだとしても、それは、日本的な心や価値観とは別の世界の話なので、ほっとけばいいし、ダメでも仕方ない。日本のモノではないから。




****|**前

男女平等を口実にどこまでも突っかかってくる、非常に人格的程度が低いヤツらだ。そのクセ「女性限定」となっている男性差別のことについてはヤツらは一言も言おうとしない。これが卑劣千万な振る舞いでなくて一体何だ?

沖縄で米兵による殺人事件が起きても決して報じようとはせず、こうした時だけこのような出来事を報じようとする悪意的ニューヨークタイムズや、宝塚市長のようなヤツらが押し通そうとていることは、決して男女平等なのではなく、男女平等をもっともらしい口実として使った「女のエゴイズムの台頭化」だ。

もう騙されないぞ。

take0606|**前

>決して男女平等なのではなく、男女平等をもっともらしい口実として使った「女のエゴイズムの台頭化」だ。

一部の女性が騒いでいるだけに思いますし、その騒ぎに乗じて、それらの喧伝に丸乗っかりしているのが大半に思います。

ただ、男女平等となったところで、女性が生きやすい社会になるとは思えません。

XY染色体からも、男性は才能の振れ幅が大きく、女性は小さく安定的と言われ、良い悪いをしたいわけではないと断りながら話すと、男性は「天才から、きち〇いまで」、女性は安定しているから、「天才から、きち〇いまで」とならない。

一部の優秀な女性に騙され、同調を続けると結果マイナスになりそうな気がしますね。

関連記事:


****|**前

土俵に入ったらなんかええことあんの?

take0606|**前

>土俵に入ったらなんかええことあんの?

ええ、そう思いますね。

別に土俵に上がれなくても良くありませんかね。僕なんか、相撲興味もないし上がりたいとも思いませんけど。女性は上がりたいと思うのですかね?土俵に?理解ができませんね。

ただ、相撲協会が、またもや対応を間違えただけで何時もの事です。通常運行の様式美。

常に、男性の救命、医療チームを配置しておけば良いだけの事。政治利用されてしまった相撲協会のミスです。


****|**前

土俵に立ってもいいと思うけどね。
本来は場所よりも儀式に重きを置いているのだから。
両国国技館の土俵はエレベーターで上下に稼働でき、女性アイドル等は土俵の上部で歌って踊ってるほどだからね。
表彰や挨拶はその儀式(取組も含む)の外の話。
逆に儀式云々で言えば、機械装置(エレベーター)の上に土俵があり、ビデオ判定する方がおかしいと思ってるけど。
神道は自然崇拝なのだから、神事のときに機器類を持ち込むのは不謹慎としか思えない。
でも、扱っているのはただただ神事よりも興業に重きを置いているから。

take0606|**前

明治以降は別物と考えたほうが良さそうです。保守的相撲好き層は、明治以前の事はあまり考えていないようです。


****|**前

沢山のコメントの中に日本は男尊女卑…云々って書いている方いますが、古くから日本には男尊女卑の概念はなく、神様だってアマテラスやコノハナサクヤヒメをはじめとする女性の神様もあまたおわします。
相撲の神様については国譲りにでてくるタケミナカタとタケミカヅチが力比べしたのが相撲の起源です。

↑書き忘れました。
だから相撲は宗教でなく宗教に起源を持つ行事でそれを基盤として商売にしたのが今の相撲興行です。

take0606|**前

もちろん、興行でも良いと思うのです。商売の神様もいますし、様々な神様がいます。八百万の神々の国ですからね。

ただ、ダメなところを挙げるとするなら、マスコミと手を組むことです。マスメディアとは数字のためなら平気で嘘をつきますし、財界や政界、圧力団体のためのスピーカーでもありますから、忖度としての嘘もつきます。

なので、マスコミと手を組む相撲協会はダメです。




****|**前

土俵の上は神聖な場所であり、女だろうが男だろうが一般人が軽々しく登るところではない、男の市長も下で挨拶すれば良いと思う、そもそも何故市長の挨拶が必要なのか?興行は市長の許可が必要?市長の売名行為?興行に箔が付くから?
少しぐらい日本にスピリチュアル的な所が残っていてもいいと思う。

****|**前

だからその女人禁制をやめればって話でしょ
今どき女性は不浄なんてふざけた理由は認められませんよ
残すべき伝統と廃してよい伝統は違う
元々が女性に対する差別的な感情から来ているものなんだから排除した方がよいと思う

****|**前

女人禁制を否定する人間は、沖ノ島みたいな女人禁制の島に差別するなと、ズカズカと踏み入る気か?

宗教的な分野で、差別だ差別だと騒ぐのは良くない。土俵には緊急時の踏み入りを認めたら済む話。

take0606|**前

土俵に上がりたいものなのですか?女性が土俵に上がれない事により不利益があります?無いですよね。土俵なんて普段興味無いでしょうし、相撲も興味無いのでしょう。

こういう時だけ騒ぎ立てて、自身の主義主張のために政治的に利用する様を見ると、たとえ相撲協会が間違った判断をしていたとしても、その様は愉快では無いですね。

土俵に上がれなくても大勢に影響ないでしょう。日々の暮らしに何の影響もないのでしょう。そもそも、宗教なんて不合理、非現実的なモノです。それを現代人の論理でとやかくしてはいけませんね。

過去の歴史と伝統文化が日本の宗教とも言えます。それは、過去から連綿と続く日本に暮らす人々の日々の営みです。

なぜ、そんな簡単に蔑ろにできます?なぜ、慎重に考えられないのですかね。ヒステリックで嫌ですね。



****|**前

男女共に市長は土俵下でマイクパフォーマンスしましょう。

****|**前

もう面倒だから相撲関係者以外は全員土俵に上がるの禁止でよくない?
総理大臣だろうがスポンサーだろうが表彰も挨拶も土俵の下でやればいいじゃん
神聖な土俵ならもっと登れる人を絞ってしまえばいいんだよ

take0606|**前

>もう面倒だから相撲関係者以外は全員土俵に上がるの禁止でよくない?
>総理大臣だろうがスポンサーだろうが表彰も挨拶も土俵の下でやればいいじゃん

本当そう思う。土俵に上がってくると、日本の神様が怒り出しそうな、総理大臣もいるとかいないとかww



(原文ママ)

関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply