松本人志“ネットカフェ難民”発言問題 雑感 ‐「嫌ならみるな!」に愛を感じる今日この頃-

take0606

2018/02/19公開
matunnnn.jpg

久しぶりの更新となります。よろしくお願いいたします。ブログの手直し作業中という事で、表示もヘンテコなところもありますが、気にせずお付き合いしていただければ嬉しく思います。

今日、久しぶりに、ツレと居酒屋に行き、お酒を飲みながらアレヤコレヤと話をしてきました。

10年以上ともに暮らしてもいますが、いまだに「へーそうなんだ、、、」と気づかされることや、勉強になる事もあります。また、これは、何かの修行かな?wwwと思うこともあります。

いつもの様に、ツレが振ってきた話題のひとつに気になるモノがありました。はい!どん⤵⤵⤵


なるほど。気になりましたので、youtubeに探しに行きました。
はい!どん⤵⤵⤵

お互い理解が足らない


まず、単刀直入に述べてしまうと、お互い理解が足らないのだと思う。

現在、寛容さや多様性というものが、テーマのひとつになっている様に思う。また、それらを認める社会というものを目指しているのだと思うが、ただ、それはお題目なだけでは駄目で、それこそ、美辞麗句を並べても意味もない。同様に、甘い言葉を投げかけているだけでも駄目な様にも思う。

対象に対し、寛容であったり、多様さを認めることができるのだとしたなら、それは、対象を理解するほかない。

理解しているからこそ、寛容であれるし、多様性も認めることもできる。また、理解あっての苦言なのだとしたなら、それは愛ある言葉と言える。逆に、理解なしでの優しい言葉なのだとしたなら、それは愛ある言葉でも何でもなく、ただの綺麗ごと。意味がない。

確かにその綺麗ごとだけを聞いていたかったりもするし、苦言を聞いているのはツライ。

が、その綺麗ごとを言っている方が安全策だし、嫌われたくないからと、忖度から出た発言なだけかもしれない。下手をしたら、逆の事を考えているのかも知れないし、興味もなく、テキトーに綺麗ごとを並べているだけかもしれない。

昔からこんな人


勿論、松本人志は昔から、歯に衣着せぬ発言で散々やらかしたが、今回も同様の事。僕自身、驚きも無い。松ちゃんのいつものヤツだなwと思っている。

同時に発言自体が駄目とも思う。最悪の部類と僕も感じてもいるし、共演者の古市氏と比べるまでもなく、理解も素養もないことが良くわかる。が、何をワイドナショーに求めているのか、とも思う。

バラエティー番組でもあり、ただのワイドショー。当然、バカバカしいに決まってもいる。嫌なら見なければいい。

それこそ、日本のバラエティー番組の低俗さに幻滅し、渡米したムラモトの方が、よっぽど潔い気もする。

見なきゃ良いんだよ。つまらない上に、腹も立つんだよ。テレビの低俗さに付き合う必要もない。「嫌ならみんな!」発言で有名なオカムラの優しさが一周まわって、身に染みるだろ?少なくとも、僕は染みるw

松本人志のことも、理解していない


反面、松本人志という芸人さんに対する理解も足らない様な気もする。

最初から、売れっ子芸人なわけでもなく、生い立ちも恵まれている訳でもない。実家も貧しく、ダイヤブロックが欲しかったらしいが、買い与えられることも無く、「段ボールでブロックつくれないかな」、と試行錯誤した過去を著書に記してもいた。

ただ、それは、恨みつらみでもなく、過去を肯定する事であった。だからこそ、今の自分がいるという事。

つまり、松本人志のこの件の発言とは、決して上から目線で発せられたものではなく、恵まれない生い立ち視点から発せられたもので、「俺もできたのだから、お前らも言い訳せずにやれよ」という事かもしれないね。

と、ツレと飲みながら考えましたとさ。おしまい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted bytake0606

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply