お笑いについて大いに語る 「ウーマンラッシュアワーが披露した時事ネタ漫才 ネット上で反響呼ぶ」問題 -備忘録-  更新5/26

take0606

2018/05/26更新
yoshi.jpg

◇お題
ウーマンの時事ネタ漫才に反響続々 村本「ずっと全国放送でやるのを待っていた」
 
 メディアにも数多く登場する医師の森田豊氏はツイッターで「まさしく現代批判の正論。『お前たちのことだ!』毒舌のシメ 余韻が残り今夜は眠れない」と絶賛。作家の乙武洋匡氏もツイッターで「今日のウーマンラッシュアワーの漫才、いつぞやの茂木先生の『日本のお笑いはオワコン』発言への“回答”のように感じた。好き嫌いは分かれるのかもしれないけれど、こういう芸人もいる、ということが何より大切なのだと思う」とつぶやいた。

 脳科学者の茂木健一郎氏も「ウーマンラッシュアワーの漫才、今確認しました。すばらしい。ウーマンラッシュアワーの二人に毎日レイトショーでその日の時事ネタをコメディにする番組をさせる地上波テレビが出て来たら、ぼくは全面的に応援します」とツイートした。

2017年12月18日 9時38分
デイリースポーツ



ウーマンラッシュアワー12月17日THE MANZAI 2017

朝食の時間に、ツレからウーマンのネタが話題になっていると聞かされ、見ることにした。


確かに、ネタ批判、ウーマン批判をするものが言う通り、村本自身にこの手の話題に対する、素養は無いと僕も思う。

が、無手勝流に切り込む様に、立場はすっかりかわってしまったが、若き日の松本人志を見たが、どうだろうか...





take0606書き込み
take0606|**前

ネタ云々は、僕ごときが言うことではないとは思う。

ウーマンはB層批判をしているのだし、そして、このネタを絶賛しているのも、また、B層。
※B層については、下記リンク参照

作り手側の悩みとは、これら、圧倒的マジョリティであるB層に訴求することによる陳腐化とも言える。


このネタ自体には、風見鶏、お花畑天然系テレビ好き、天然系お笑い好きへの批判も込められており、皮肉としては良かったかと思う。

ただ、やはりB層への葛藤は続くのであろうし、また、B層向けにネタや作品を作らなければならないアーティストの逆風の日々は続く。


つまり、B層こそ悪で、B層とは、時にネトウヨにもなり、テレサヨにもなる。と、ありとあらゆるところで問題として顕在化する。

よく言えば、新し物好きだし、悪く言えばミーハーでマスメディアの喧伝を鵜呑みにしがちとなる。

当然、マスメディアとしては扱いやすい存在と言える。






****|**前

これからウーマンみたいな政治風刺ネタ増えるんじゃないかな?
お笑いに政治ネタはご法度みたいな空気だったし

松本は安倍ちゃんと会食で
ウーマンは政治風刺ネタ

松本さんダサいですよ。。。。



take0606|**前

テレビがつまらなくなったと言われて久しい。

バラエティや、お笑いがつまらないというのも聞かれています。事実、視聴率も駄々下がり傾向にありますし、広告収入でも、ネットにテレビ放送は数年前に抜かれています。

もちろん、放送とは、100年以上前の技術と言えますから、通信にとって代わられるのは当然で、どの時代でも見られる流れとも言えます。

また、先見性がある人ほど、ネットに移行していますし、同様に若い人ほどそうです。ですから、現状のテレビ放送を楽しめる方々と言うのは、言いづらいのですが、お年寄りか、どんくさい人となります。

視聴者層の最大値に訴求してこその、視聴率であり、また、お年寄りか、どんくさい人に訴求してこその視聴率。

当然、面白いはずも無いし、面白くも無いから、視聴率も悪い。

つまり、B層向けに、作品を作らなければならない、芸人さんの葛藤でもあります。

テレビがつまらない責任とはB層と言えるかも知れません。




****|**前

ヨコから失礼。
非難する意味ではないんだけどね。

「先見性がある人ほど、ネットに移行していますし、・・・」

ここら辺は、ある意味B層に近いから
気をつけたほうがいいかもね。
ネットだろうが、TVだろうが
取捨選択出来なければ、作られたそのキャラに
騙されるだけだからね。。



take0606|**前

>松本は安倍ちゃんと会食で
>ウーマンは政治風刺ネタ

>松本さんダサいですよ。。。。


流石にそれは違うよ。立場も違えば、役割も違う。

人切り以蔵と武市半平太ほど違う。


人斬り以蔵 (新潮文庫) 文庫 – 1969/12/17  司馬 遼太郎 (著)      

※リアル岡田以蔵になりそうな情勢w記事:





****|**前

まあ、ネタのクオリティーはこれからじゃね?
政治風刺を知名度のある芸人が地上波でやったことがすごいことで
そもそも一切なかったのが異常というか。
この反響で色んな芸人がやりだすんじゃないかな?
日本的な空気を読まない芸人は必要



take0606|**前

>「先見性がある人ほど、ネットに移行していますし、・・・」

勿論そうですね。ネットにせよ、リアルにせよ、情報を情報としてしか捉える事が出来ず、それこそ、雑学でも話すように、いわゆる右左を口にしたりもする。

言葉とは、やはり、そのものが思想とも言える。

思想とは、その人そのものが、いかに生き、いかに考え、行動するかに懸かってる。

また、善悪を判断する基準であり指針。価値観とも言えるかもしれません。

ですから、ウーマンのネタとは、皮肉であり風刺でもあるのですが、本来、皮肉とは、その物事に対する素養がないと、作り手や受け手としても成立することはできず、お笑いと言った、大衆訴求型であるからこそ意味があると思いますし、また、B層への理解にも繋がります。

当然、ウーマン自体に葛藤はあったかと思いますが、チャレンジ自体を、いわゆる右左論で論じるのも、危険とも思いますし、その所作自体がB層とも言えそうですね。




****|**前

「総理大臣」
が表現の自由、報道の自由に干渉しつづけていることは大問題



take0606|**前

>「総理大臣」が表現の自由、報道の自由に干渉しつづけていることは大問題

すっとボケている訳でもなく、具体的にその話を知りたいというのが、正直な感想。

この国、そこまで不自由な国ですかね。気になるところです。




****|**前

わりとアリだった。
次はこれで持ち上げた連中に冷や水浴びせられるネタやれば

一流感出てくるんだけど、恐らくそうはならないだろうなぁ
だってつるんでる連中が左派ばかりだからね



take0606|**前

>わりとアリだった。
>次はこれで持ち上げた連中に冷や水浴びせられるネタやれば一流感出てくるんだけど、恐らくそうはならないだろうなぁ、だってつるんでる連中が左派ばかりだからね


うん、似たような事を思った。もちろん、いわゆる右左的な話で論じられるのも理解できる。

が、ネタ自体に対する評価が、いわゆる右左で、真逆になるのも分かりやすいし安直。

恐らく次のネタも似たようなものとなるのも理解できるし、支持している者の為となるのだと思う。




****|**前

国民が総理大臣と飯を食う、ただそれだけで批判されるっておかしくね?ただ飯食っただけで権力にすり寄ったことになるなら誰とも飯食えないね

考え方がおかしくなるとそういう見方しかできなくなってしまうんだな。かわいそうな人たちだ



take0606|**前

>松本は安倍ちゃんと会食で
>ウーマンは政治風刺ネタ

>松本さんダサいですよ。。。。


何度も晒すかたちになってしまって申し訳ない。が、やはり気になる。

国際社会における外交などが、そうとも言えるかもしれないが、少なくとも、この事において、松本と首相が仲が良いとはならないし、ともに二心を抱えていても不思議でない。

本来、そんな単純なはずも無いし、本音と建前も、お互いわきまえている筈。

「私人」「公人」「個人」などなど、様々な側面もある筈なのだから、会食だけで、どうこうと言う話ではないのだろう。

いわゆるリベラル系が、無理やり批判の材料探しをしているようで、少し気味が悪い。




****|**前

それはそうかもしれない。

確かに松本が権力よりだったとしても、それが笑いの質に影響あるかといえばNO。それは別物だ。

いまのTVで政権批判と見られるネタは安全パイかもしれない
ジャニーズや宗教批判にいけばそれは本当にすごいかもしれない

無論、批判すれば面白いものが生まれるかといべばNO



take0606|**前

90年代前半の頃と時代も、また松本人志を取り巻く環境や、偉くなり権力側につかざる負えない葛藤も在るのではないでしょうか。

例えば、松本が反権力したところで、B層由来の正義漢で叩かれる。

また、話は少しづれますが、ゲス川谷が「不倫はロック」とばかりに、不貞行為をすれば、やはりB層由来の価値観にて叩かれる、と。

とにかく、叩ければ何でもござれの風潮になっており、また、その風潮とB層を作り出しているのも、マスメディア。

芸人さんやアーティストはB層相手に作品を作るために忖度を迫られ、また、B層相手の妥協の産物でしかないのに、その内容について、またB層に叩かれる

マッチポンプ永久機関ですねw
※マッチポンプ永久機関とは。下記にて

テレビ放送がつまらないのだとしたなら、それは、B層と、それ自体を作り出した放送局と報道が悪いかも知れませんね。

※暴力表現について語る 「ガキ使」ベッキーへの無理やり尻キックにネットで批判の声「怒りで震える」 編 
第1話http://take0606.jp/blog-entry-185.html





(ほぼ原文ママ)



※マッチポンプ永久機関について
1333.png


※参考記事:
B層について。自民党、B層戦略とは ∼特徴や生活∼
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply