テレビの世界はそういうもの -彼女は嘘をついている-

2017/11/29更新

0667-12.jpg




元NMB須藤凜々花が山尾志桜里議員の不倫疑惑を巡り「下品だと叩くことが下品」と主張|ニフティニュース

headlines.yahoo.co.jp





テレビの世界はそういうもの



特に驚きも無いな。テレビの世界はそういうものと理解していたし、いちアイドルが発言する事に右往左往する必要もないように思うね。特に保守層なら、そうあるべきだし、放送の在りようを理解するからこそ、この手の不倫報道など、鼻ほじで、ガン無視かませばいい。

まだ、一応独身なのでしょうから、発言自体は大してことでは無いと僕は思う。ただ、彼女が、この発言を公にするのは違う。それは、良くない。

発言する事による影響を自覚もせず、なお、これから生きてゆくであろう50年以上もの時間を、終始、信用も信頼もならない者として生活せざる負えなくなる覚悟もあるとは思えない。

もし、この発言を大人がさせているのだとしたなら、悪の度合いは、そちらの方が高いと思うし、不倫以上に問題と思う。自覚のない子供に大人がけしかけるのがテレビの世界なのだとしたなら、やはり、テレビなんて捨てちまえ!となる。

それでも、なお、テレビにしがみつき、アイドルにしがみつきたいのなら、アイドルビジネスをプロレスと理解する必要がある。


川谷絵音はロック。そして、アイドルオタクもロックである可能性。

take0606.jp




日本的価値観の破壊



この彼女は、心の話をしているが、それは嘘になる。

何故なら、アイドルビジネスなのだから、利益ありきなのだし、商売ありきなのだ。なおかつ、テレビの中の話なのだから、数字だけが正義の世界でもあるし、フェイクニュースを垂れ流してまでも、数字さえ確かなら正義となる商売と言える。

とうぜん、その在りようとは、こころ無視の物質性優位の発想と言える。

アイドルビジネスの物質性とは、恵まれた容姿を活かした売り上げを指している。それ以外はある筈もない。

その様な物質性を有難がる者が言う、批判も嘘と思うし、嘘をついてまで見続けるテレビに何の意味があるのか。「嫌なら見るな」だろう。だから、テレビなんて捨てちまえよ。恥ずかしい。

言い過ぎたが、自覚はした方が良い。完全になめられている。

take0606.jp




彼女は嘘をついている



では、何故、彼女に嘘をつかせる必要があるのかと言う事にもなるが、それは、日本的価値観の破壊に尽きる。

さすが、物質性の最たるところにいる人間は発想が違う。日本人のこころまで破壊しようとしている。当然、アイドルに嘘をつかせることに意味がある。

良くも悪くも若い世代に訴求しやすいし、B層ならなおの事。

不倫ごときニュースなど無視すればいい。そもそも、人の恋路など興味も無いし、人目を忍んでこっそりやってろよバカ!と思うね。ただ、彼女がいうように、人の恋路をコソコソ嗅ぎまわり、云々する連中も同様にバカだし、同様にゲスだと思うよ。

take0606.jp



■戦後マスコミの役目

日本人が嫌いな不倫ネタを、延々と垂れ流し続け、日本文化、日本人の真面目さを破壊していく事が戦後マスコミの役目といえる。日本的価値観や日本人そのものを破壊したいのだろう。

そこには、男女を離反させること、世代間や貧富においても争わさせようと必死で、なお地域をも反目させ、最終的には日本そのものを孤立させることが狙いである。彼らは、日本人特有の団結力、組織力を削いでゆくことと、なおかつ、戦前の日本国の様な世界の中での孤立状態を作り出すことが目的と言える。

同様に、ゲス不倫、流行語大賞、それこそ芸能人薬物問題など、どうでも良い事柄をニュースとして流してくる。マスコミの目的は、兎にも角にも、日本と日本人を破壊する事といっても良い。憲法改正させたくないのもその為なのだし、目的達成の為にはあらゆる手段を行使してくるのもマスコミ。

どこの誰だかわからない人達ばかりが出演し、クダラナイ内容のモノを延々と垂れ流す。面白くもなんともないものを、スタジオだけが盛り上がり、茶の間はシラケている事にも知らんふり。知らんふりのはずだよ、自分たちの為だけに存在しているのだろう、放送局は。

引用 - 日本である事の価値
http://take0606.jp/blog-entry-133.html テレビなんて捨てちまえ ~新聞は猫のトイレに役に立つ~ 



お互い鏡。言動は必ず返ってくる



不倫発言を、誰でも理解しているような正論で彼女を批判するだけでは、なにも正しくもないし、物質性の世界でもある、テレビにしがみつき、アイドルにしがみつきたいだけで、その正当化にすらならない。

某お笑い芸人が発言したように、嫌なら見なければ良いし、若くして、テレビくらいしか楽しみが無いなら、不倫批判以前に、その方が問題と思う。

自覚は無いにせよ、これから生きてゆくであろう50年以上を、信用も信頼もならない者とレッテルを貼られて生活する覚悟に比べたら、申し訳ないが、情弱B層の批判など、大した意味も無いし、届くはずも無いと考えるのが自然。

覚悟を決めるとするなら、この発言をさせている大人がつくるテレビを見ない事。

テレビなんて捨てちまえ!となる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Comments 0

Leave a reply