テレビは老人のおもちゃ ~参加することに意義があるの大嘘~

take0606

2018/04/24更新
キーボード



テレビは老人のおもちゃ

最後のひとりでも言い続ける独裁者


 本のジャーナリズムは狂気の沙汰といえる。
 
 衆院選前には、反自民キャンペーンを旧メディア総出で行い、大勢が判明し不利とみると、保守系支持率の高い若年層に対し、「選挙行くな!」キャンペーンを始める暴挙。旧メディアの歪んだ望みは実らず、若年層は投票行動を示す。
 
 結果はご存知の通りで、テレビを中心とした旧メディアが「意識も素養も低いお前らが投票などおこがましい」との喧伝むなしく、またもや、意識の低さを晒してしまう皮肉。


 カにするのも大概にすればいいと思うの。

 エリート意識なのか何なのかは知らないが、そうやって延々と人の気持ちを蔑ろにし続けて来たのが旧メディアなのだし、左翼なのだろう。

 若年層を、政治参加させたかったのではないのか?それとも当てが外れたか?若い子なら、俺たちを支持してくれるかも知れないと馬鹿にした考え方をしていたのだろう。

 馬鹿にするのもいい加減にしろよ。支持されないと見るや、「意識も素養も低いお前らが投票などおこがましい」と喧伝。

 都合よすぎだし、舐めすぎ。テレビこそ、情弱バカとボケ老人しか見ない。団塊世代がいなくなったら、旧メディアなどバカしか支持するものなどいない。

 若い子は出来る限り選挙権を行使した方が良い。どこに入れろとも言う気もない。ただ、分からないからと権利を行使しないなら、延々とジジイどもに食い物にされるだけだ。せめて抵抗はしていきたい。


 鱈目も良いとこだよ。

 ここまでの手のひら返し、恥ずかしくて普通は出来ない。日本の精神、とりわけ武士道において「恥」とは死に値する。

 だからこそ二言が無い。嘘をつく位なら腹を切る、といったところなのだろう。

 それをまぁ、社会の公器などと、どの口が言うのかと思うが、お仲間の読売も口だけ紳士ですから、仲いいですね。

 あ、そうか、偏向報道と言われより、仲良しにされる方がムカつくのかな、お互い様で。(-_-;)

武士道とは ∼日本におけるノブレスオブリージュ∼ - 政治・経済

2017/11/14更新今からさかのぼること100年以上も前の1900年、アメリカで1冊の本が出版された。タイトルは『武士道』原題『Bushido ―The Soul Of Japan』。著者は、旧5000円札の肖像画でもおなじみの、新渡戸稲造です。ただ、実際に彼がどの様なことをしたのか詳しく知っている方も少ないと思います。新渡戸は子供の頃から「大平洋のかけ橋になりたい」という志を持ち、そして、その志を実現するため努力し、明治後半から第二次世界...


 気で新メディアの時代に生きることが出来た事を幸せに思う。

 戦前から、繰り返してきた手口と思うし、ネットが無ければ、この出鱈目がいつまでも通用し、日本は、戦前同様に最悪の事態を招いていたかもしれない。

 ただ、これも決して団塊世代の人々が駄目な訳ではない。兎にも角にも彼らには情報が少な過ぎた。そして、この事を無暗に情弱と罵る姿勢も保守的とは思えない。

 それは、戦前において、目や耳を塞がれ、闇雲に欧米と戦わざる負えなかった先達同様であり、彼らをも蔑ろにすることにつながるからだ。
 
 怒りを向ける対象を間違えるべきではないとも思う。



まず参加してみるかじゃダメなの?


 い子が「政治は分からないけど、まず参加してみよう」じゃダメなのか?旧メディアお得意の、お花畑理論でこういうのがあったではないか。


「参加することに意義がある」


 もう一度いうよ


「参加することに意義がある」


 大きくしたよw

 ただ、旧メディアにこの言葉を吐く資格などはない。

 間違っても、この言葉東京オリンピックで吐くなよ。

 その言葉を他国の選手に向け、対して日本人の若年有権者には向けず、否定しかしなかった二枚舌の歴史しか残らないからね。じゃもう一度言うよ。


「参加することに意義がある」


みな間違える、特別じゃない


 い頃なんて、みな政治の事など興味も無い。

 実際、日常生活で直接的な影響を受けることも少ないから、実感なんてある筈もない。だからこそ、僕もよく分からないけど、分からないなりに、今の若い子同様に、おっかなびっくり投票しに行ったよ。

 今から思うと見当違いな考え方をしていたかも知れないし、恐らく、間違った判断だったのか知れない。

 ただ、だからこそ、この歳まで政治に限らず、それらに関連しているモノの勉強も続けている。

 おっかなびっくりだからこそ勉強も続けるし、だからこそ、相手を侮らず尊重できるのではないのか。本来そういうものと思うが、何故、いわゆるマスゴミの人々は、権威主義を振りかざし、反する主義や対象の人々を全否定できるのか。

自分が正しく、相手は間違いの姿勢

総括してくれよ、という事



 違えるんだよ人は。だからこそ、おっかなビックリ謙虚であれるし、自信が無いから勉強もする。

 当然、間違えるからこそ、間違えだらけで不完全かもしれない人々の最大多数の最大幸福を尊重してこその民主主義なのだし、その、間違えだらけで不完全かもしれない人々が日々生きんが為に働き、空いている時間で勉強もし、その結果の投票行動が先の衆院選の結果なのだとして、どの立場から、この結果を全否定にかかれるのか理解に苦しむ。

 やはり、彼らには心が無いし、これが彼らの信じる思想の在りようともいえる。

 ただ、彼らは忘れている、自分たちも若かった事を。そして、過去に犯した過ちの数々を。みな同じだよ、特別じゃ無い。



思想とは、そうでは無い


 翼の発想こそが、独裁的といえるかも知れない。また。同様に応援し続けて来た戦後マスコミそのものが独裁的ともいえる。

 これらの独裁的な面々が安倍首相や自民を独裁と批判したところで、誰が信じるのだろうか。批判以前の問題とも思うし、ましてや八つ当たりも良いところで、若年層に「意識も素養も低いお前らが投票などおこがましい」などと言葉を向ければ完全に心は離れる。マスゴミの人間は馬鹿なのかと本気で思う。

 これらの問題は、意識や能力といったモノでも無い筈で、例えば、保守や左翼といったモノも、その文言において他者を批判する為のモノでもなく、とりわけ保守思想などは精神性を重んじてこそで、日本の心に重きを置くことを重要視されている。

 過去において、左翼に対し議論負けしがちだったのも、この為で、左翼が言う、右翼は野蛮だから勉強も出来やしないというのとは違う。

口で言うのは容易いが、実現する事が難しいのを理解しているからだ。

 思想とはそう言うものでは無い。人が生きて行く為の指針と言っても良いはずだ。自分が生きて行く上で重要視するものは何か。何が必要で、何が必要で無いか。何が譲れて、何が譲れないか。

 モノが溢れ、情報も溢れている現代社会なら必須ともいえるかもしれない。

 また、思想とは決して、文言において他者を全否定にするものでもなく、自分自身を肯定していく為に必要な核の部分といえるかも知れない。 
 
 そして、保守思想の核とは、日本における歴史や伝統文化に重きを置くこと。左翼が破壊にかかる日本の歴史と伝統文化を保守することに尽きる。

 日本の根幹、日本人の核といえる日本の歴史と伝統文化を蔑ろにし続けるなら、選挙以前に、その在りようは、とても日本的とはいえない。

 個人的には選挙結果より、こちらが気になる。

テレビがモリカケばかりでツマらないので、「保守」と「左翼」を整理していくよ。 追記4/14 - tv

2018/04/14更新引用:Wikipedia テレビもクソつまらないし、流石にモリカケ問題も鬱陶しいので、私見になりますが「保守と左翼」について整理するページにします。目次 ▶保守思想とは何を意味するか   ・大人たることが第一条件    ・「サヨク」とはミーハーで流行りもの好きのコドモ   ・テレビ放送も左翼またはサヨク   ・マスメディアが流す情報は大衆のためでは無い  ▶「B層」とはミーハーバカ   ・郵政...

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply