京都大賞典GⅡ ~GⅠレースで下位に沈む、京都巧者を狙ってこそ~ -追記 レース後雑感-

2017/10/10更新  

きたさ
2016年京都大賞典優勝馬キタサンブラック







京都大賞典 GⅡ  -傾向-



1.近2走上り3位以内か前走5位以内
過去5年で馬券になった15頭中12頭が該当し、複勝率34%、複勝回収率196%

シュヴァルグラン
ミッキーロケット
スマートレイヤー
フェイムゲーム
トーセンバジル
マキシマムドパリ
ラストインパクト
バロンドゥフォール


2.内枠 1~2枠
1~2は過去5年、複勝率50%、複勝回収率542%

プロレタリアト
サウンズオブアース
シュヴァルグラン


3.前走GⅡ以上のクラスを使っている事、特にGⅠ凡走馬の期待値が高い
過去5年で馬券になった15頭中13頭が該当。前走GⅠで6着以下に限ると複勝率36%、複勝回収率317%

シュヴァルグラン ◎
サウンズオブアース
ミッキーロケット ◎
フェイムゲーム
カレンミロティック ◎
ヒットザターゲット
レコンダイト


4.父か母父ミスプロ系が4連覇中。ナスルーラも注目。
・父ミスプロ系。特にキングマンボ系。
・グレイソヴリン、レッドゴッド、ネヴァーベンド系の血を持つ馬。特にミスプロをも同時に持つ馬が良い。

シュヴァルグラン ◎
サウンズオブアース
ミッキーロケット ◎
スマートレイヤー
フェイムゲーム
マキシマムパリ ◎
ハッピーモーメント
カレンミロティック
ヒットザターゲット
プロレタリアト ◎
バロンドゥフォール
レコンダイト
目次にもどる



京都大賞典-傾向- 該当数上位順



◎は2換算
6個該当
シュヴァルグラン

5個該当
ミッキーロケット

3個該当
サウンズオブアース
フェイムゲーム
マキシマムドパリ
カレンミロティック
プロレタリアト

2個該当
スマートレイヤー
ヒットザターゲット
バロンドゥフォール
レコンダイト

...ここまでにします。
目次にもどる



参考レース 宝塚記念・札幌記念他  動画



第58回宝塚記念 GⅠ  芝2200m / 天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:15:40

宝塚記念 GⅠ 1着 サトノクラウン  Mデムーロ 2:11.4


関連記事
宝塚記念前日Mクイーン、シュヴァル評 ディープ産駒は重馬場がお好き?
第58回宝塚記念......思ったほど雨も降らず、時計も例年より速い。アカン奴や。


■雑感

-非根幹と根幹-
うん、キタサンブラックが単勝1.4倍で9着に沈んだレース。前年の宝塚は3着からの京都大賞典に休み明けで参戦し1着となる。その後の活躍は知っての通り。

やはり、本質はスタミナが有るわけでも無く、適正においては中距離前後とみるのが妥当。自身、最大の惨敗とも言える2015年日本ダービーにおいては、根幹距離でこその、ノーザンファーム勢が1から4着まで独占している。

この手の適性が問われるレースとなると脆いと言えるのがキタサンブラックだし、昨日、毎日王冠で単勝2.0倍を背負い惨敗を喫したソウルスターリングにも言える。

毎日王冠の連対馬2頭、リアルスティール、サトノアラジンもノーザンファームなのだから、馬場の具合がノーザンファーム的な根幹要素が強く出ていたのかも知れない。3着までディープ産駒が独占しているのも、信ぴょう性の高さとなる。

関連記事
日本馬は凱旋門賞を制覇する事が出来るのか? ~非根幹距離でこそ、善戦マンよ再び~
社台系「根幹」距離GⅠレースと「非根幹」宝塚記念、勝ち馬


-京都大賞典-
話を京都大賞典に戻すが、京都大賞典とは2400m戦であるが根幹要素は全くないと言える。過去5年で見ても、連対馬計10頭中、ノーザンファームの競走馬は2頭しかいない。そして、その2頭もラブリーデイとオーケンブルースリなのだから根幹要素は多くない。しかも、オーケンブルースリに至っては2着。

まぁ、京都なのだから、当然ともいえるが、京都大賞典とは2400m戦なのに根幹要素は少ない。

因みに、過去5年の日本ダービー連対馬計10頭中、ノーザンファームの競走馬は7頭。問われる資質においては東京2400mと京都2400mは対極と言える。

これは転じて、キタサンブラックの長距離馬では無いけど、京都の長距離レースが不得意でも無いという説明となる。

そして、それはそのまま、力はあるけど東京が苦手な競走馬は京都で買えと言う事になるのだが、どうだろうか。



第53回札幌記念 GⅡ 芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

札幌記念 GⅡ 1着 サクラアンプルール 蛯名正義 2:00.4





第131回目黒記念 GⅡ 

目黒記念 GⅡ 1着 フェイムゲーム ルメール 2:30.9

目次にもどる



当日 予想



傾向の項で最上位のシュヴァルグランの印を落とし、ミッキーロケットを最上位とした。M.デムーロも大賞典以降、秋の王道に騎乗し続けるとは考えにくく、後先考えずに勝ちに来るとは思うが、パンチが足らない気がする。

理由はそれだけではない。やはり、ノーザンファームのハーツ産駒なのだから、本質的には東京2400mでこその馬。根幹距離向き競走馬の成績が良くない京都大賞典において、2番手以降に印を下げるのが妥当と見た。

ならば、同じノーザンファームでもミッキーロケットとする。休み明けも苦にしないはずだし、ディープ産駒同様使われるほど、期待値が下がるタイプと見る。買うならここなのだろう。

続いて、サウンズオブアースも良い。こちらも上位。そこに、マキシマムドパリ、フェイムゲーム、カレンミロティックと続く。

今のところ、そんな感じです。




管理人 買い目



IMG_0257.png
外れ

とりあえず買ってみた。どれどれ。
目次にもどる



結果・雑感・レース動画



第52回京都大賞典 GⅡ 芝2400m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

京都大賞典 GⅡ 1着スマートレイアー 武豊 2:23.0


京都外回りの直線は最内がぽっかり空くんだよな。そこをスルスルと何度見たか事か、武豊。

いや、あれ確かに上手いと思うんだけども、そうではない。武の勝つことへの執念と博打を打てる度胸に尽きると思うわ。

実際、最初から決め打ちしていたかもしれない。正攻法では勝負にならないと分かっていたから、勝つにはどうするか、と考えた結果が、最内からスルスルだと思うし、だからこそ、前々の競馬で結果が出ていたにも関わらず、後方から競馬を進める事を選択する。

当然、失敗すれば、惨敗もあり得る。ただ、あそこで勝ちにこだわれる、勝負に行けるのが上手い以上に素晴らしいと思う。そして、その判断に対する説得性を築き上げてきた武豊の素晴らしさに尽きる。


因みに、スマートレイヤーも非ノーザンファームはおろか非社台。そして、休み明けのディープ産駒も買いと条件は揃っていたんだね。ただ、前々で競馬すると思ったら後方から。おまけにスタートが悪いシュヴァルグランも後方からと....

そして、4角では内を突く武と、外々を回ってくるミルコ......。しびれたレースでした。


目次にもどる

関連記事

Comments 0

Leave a reply