保守視点から語る、讀賣巨人軍を嫌う理由...  更新6/15 “愛国心”とは弱きものを思う心。もののあはれを感じてこそ

0
2018/06/04更新目次 ▶保守からみる読売巨人軍の嫌いなところ   ・読売巨人軍は保守じゃないよ   ・日本の問題点は読売巨人由来!?   ・結果がすべての出鱈目   ・「紳士」「品格」とは『武士道』由来 ▶日本は常に貧しかった...   ・物量で勝負するものが保守?   ・弱肉強食が世界のルール   ・もののあはれを感じてこそ ▶約束を守ってこその紳士   ・契約の概念は『武士道』から   ・損得勘定のサ...

「読売巨人軍」とは「モノ」が無い日本人を代弁した「心」なのです。   5/7更新

0
2018/05/07更新目次 ▶日本人の苦しみと悲しみに報いる   ・「読売巨人軍」とは「近代日本」そのものである    ・それは日本国の悲しみでもある ▶「心」なのか。「モノ」なのか   ・無いものは無い。仕方ない    ・「読売巨人軍」とは日本人を代弁した「心」   ・「勝てば官軍」とは覚悟と戒めの言葉である  ▶プロ野球とは「日本人」の歴史である   ・ネトウヨ世代に訴求し易い広島カープ    ・プロ野...

「巨人軍」とは「perfume」である。「勝てば官軍」とは「心のスポーツ」である。  5/5更新

0
2018/05/05更新https://entertainmentstation.jp/40508目次 ▶“紳士たれ”“品格”は武士道由来   ・横綱の品格とは    ・そもそも「道」とは ▶何故、「巨人軍は紳士たれ」「横綱の品格」なのか   ・正力松太郎が生みの親    ・紳士についての誤解 ▶「紳士たれ」「品格」とは   ・「道」と「スポーツ」の違い    ・美しくあってこそ   ・勝てば官軍の限界  “紳士たれ”“品格”は武士道由来横綱の品格とは ...

読売球団の不誠実な発展が、山口俊問題を生んだのか

0
2018/04/08更新 #25はお払い箱となった。読売らしい、都合の良い選択。 若手育成を標榜しはじめたが思い付きで出来るはずも無い。何れにせよ、時間の問題で馬脚を露す。それでこそ、読売。 期待を裏切らない、この安定感はすばらしい。やはり、貫けない口だけ紳士、口だけサムライ読売の面目躍如と言ったところ そもそも、若手育成が口先だけでできるはずもない。#25をお払い箱にする事はハナから決まっていた話なのだろう。...

安定の二枚舌か 5回裏 ~巨人 前中日ゲレーロ獲得発表 #5 「日本シリーズ制覇へ全力」問題~ 管理人大いに語る

0
2017/12/21公開■4回裏安定の二枚舌か 4回裏 ~巨人 前中日ゲレーロ獲得発表 #5 「日本シリーズ制覇へ全力」問題~ 管理人大いに語る■お題 ゲレーロは中日に所属した今季、来日1年目で35本塁打を記録し、セ・リーグの本塁打王に輝いた。 登録名は「ゲレーロ」で、背番号は「5」を予定。来年1月下旬に来日するという。 ゲレーロは「歴史と伝統のある巨人軍の一員になることができて非常にうれしく思います。チームを...